手作り指輪を作るときにおすすめの金属 | 手作り指輪につかう金属って?

手作り指輪を作るときにおすすめの金属

HOME » 指輪の金属 » 手作り指輪を作るときにおすすめの金属

一生身に着ける結婚指輪を手作りで作りたいという人も多いと思います。
手作り指輪を一緒に作ればいい思い出となり、作成中に動画も撮影してくれるので結婚式の披露宴で手作り指輪を作成している動画を流すことも可能です。
手作り指輪を作ろうと思っている人たちの中には、どんな金属がおすすめなのか分からないという場合が多いので、手作り指輪でおすすめの金属についてご紹介をしていきます。

・強度や耐久性に優れた金属を選びたい
手作り指輪を作るときは一生身に着けるものを作るということで、強度や耐久性に優れた金属を選びたいという場合が多いです。
強度や耐久性に優れた金属を選びたいのであれば、プラチナやゴールド、チタンなどがおすすめです。
プラチナやゴールドの金属は、日本人の結婚指輪をして最も多く使われている素材です。
強度が高く耐久性に優れているため、変形しにくく傷がつきにくいという特徴があります。
しかし、こういった金属ではごくまれに金属アレルギーの症状が出てしまうこともあります。
チタンであれば、医療器具にも使われていて強度も高く、アレルギーの症状が最も出にくいのでおすすめですよ。

・後に体質が変わってしまっても安心
肌の状態や体質と言うのは常に変化するものなので、今までは金属アレルギーの症状が出なかった人でも肌が荒れやすくなり、金属アレルギーの症状が出てしまう可能性もあります。
プラチナやゴールドには少量ですが違う素材が混ざっているため、体質が変わってしまうと金属アレルギーの症状が出てしまうこともあります。
しかし、初めからチタンの手作り指輪を作っておけば、後に体質が変わって金属アレルギーの症状が出やすくなってしまった場合にも安心です。
一生身に付けられる手作り指輪を作りたいのであれば、体質が変わってしまうことも考えてチタンの金属で指輪を作っておくのがおすすめです。
チタンで手作り指輪を作っておけば、金属アレルギーの症状が出て指輪がはめられないということもなくなりますよ。